HOME>長門豊川稲荷
長門豊川稲荷   

長門豊川稲荷

 長門豊川稲荷(ながととよかわいなり)を迎えたのは昭和三十六年、祖山徹学(そざんてつがく)和尚の時代である。 その動機は、山口の阿部家に伝わり、のち白藤董(しらふじただす)氏(山口市、故人)秘蔵の 叱枳尼真天(だきにしんてん) のご神体が 当寺に贈られたことによる。
 叱枳尼真天は稲荷のご神体。白いキツネに乗って空を走り仏道を守る。
 さらに、当寺とこの稲荷の宗社、妙厳寺(みょうごんじ)豊川稲荷(豊川市)の深い関係がある。幕末の文久三年(1863)、朝廷との対立から、七人の公卿が都を追われ、長州に逃れてきた(七卿落ち)。
 その中に一人、三条実美(さんじょうさねとみ)を手厚く保護したのが、当寺四十五世・簣運泰成(きうんたいじょう)和尚であった。 維新後、長州藩では、兵制改革のことから反乱事件が起こった(脱退兵事件)。反乱鎮圧の後、首謀者らの大量処刑があった際、 助命運動に尽力した簣運和尚は藩の反発にあい、豊川の妙厳寺に身を寄せる。そのころ起こったのが、国の神仏分離令による妙厳寺豊川稲荷つぶしであった。そこで簣運和尚は、妙厳寺に住職らとともに政府に救済を求めた。新政府の要人 に、三条卿や多くの長州人にいたことが幸運であった。豊川稲荷はその危機を救われたのである。 このような奇縁から、長門豊川稲荷を 当寺に迎えることができた。
 豊川稲荷は日本三大稲荷の一つ。家内安全、諸願成就と、多くの人びとの信仰をあつめている