HOME境内マップ>「姿見の池」と「かぶと掛けの岩」
大寧護国禅寺 「姿見の池」と「かぶと掛けの岩」

「姿見の池」と「かぶと掛けの岩」

 大内氏は戦国時代、山口にすぐれた大内文化を育てあげた名族です。しかし、天分20年(1551年)31代当主・大内義隆は、重臣 陶 隆房( のち晴賢)の反乱によって山口を追われ、9月1日、この大寧寺で自害しました。
 義隆はこの境内に入る前に、乱れた髪を整えようと参道わきの岩にかぶとを掛け、そばの池に顔を映そうとしました。しかし水面に自身の姿が映らず、 運命を悟った義隆は寺の本堂に入り、清く自刃したのです。
 池と岩は以前、寺の旧参道にありましたが、近年この場所に移したものです。