HOME境内マップ>毛利家重臣墓群
大寧護国禅寺 毛利家重臣墓群

毛利家重臣墓群

 さながら墓石の博物館。萩藩重臣の墓。
 境内の南西、長門豊川稲荷参道の山手斜面に、段状に広がる墓地がある。
 昭和四十五年から三年をかけて、郷土文化研究会がこの墓地を調査、約三百基におよぶ墓石を確認した。墓石の形もさまざま。 自然石のほか五輪塔(ごりんとう)、宝篋印(ほうきょういん)塔、無縫(むほう)塔、板碑(いたび)型などとよばれるあらゆる形式の墓が並ぶ。 さながら墓石の博物館である。墓地の上部、遊仙窟(ゆうせんくつ)には大内義隆主従と当寺歴代住職の墓、すぐ下の経蔵(きょうぞう)跡地も寺関係の墓が多い。 墓地の下段に、当寺を開いた鷲頭(わしず)弘忠、足利(あしかが)学校を起こした関東管領・上杉憲実(のりざね)の墓がある。
 これらを除く百数十基は萩藩の重臣とその妻子の墓である。 一門とよばれる阿川毛利家、永代家老の益田家、寄組(よりぐみ)、大組(おおぐみ)などとよばれる多くの重臣の墓である。寄組では山内(やまのうち)、児玉、榎本、乃美(のみ)、宍戸(ししど)、堅田ほか十数家の名がみえる。
 その中で、永代家老の益田氏二十代・元祥(もとよし)は関ケ原合戦後、毛利輝元に従い、石見(いわみ)益田(島根県)から長州須佐に移り藩の再興に尽くした。 三十三代・親施(ちかのぶ)は禁門の変の責任をとって切腹した三家老の一人として知られる。
 このように藩の重臣が一か所に眠る墓地は全国的にも珍しい。