HOME境内マップ>大内義隆公墓所
大寧護国禅寺 大内義隆公墓所

大内義隆公墓所

 当寺で滅んだ名族大内義隆主従の墓 天文二十年(1551)八月、家臣、陶隆房(すえたかふさ)(のち晴賢(はるかた))の反逆で、太守・大内義隆主従は山口を追われた。 山道をたどり仙崎から海路脱出をはかったが風波に阻まれた。再び陸路湯本の当寺に入った。すでに死を覚悟してのことだ。
異雪(いせつ)和尚の計らいで義隆らは行水、白装束で和尚の法話を聴いた。 追っ手はすでに寺を囲んでいた。義隆は重臣・冷泉隆豊(れいぜんたかとよ)の介錯(かいしゃく)で自害。寺には火が放たれた。

    「討つ人も討たるる人も諸(もろ)ともに如露亦如電応作如是観
     (にょろやくにょでんおうさにょぜかん)」
   (討つ人も討たれる人も、人生は露のように、稲妻のようにはかないものだ。)

 義隆の辞世である。残るわずかな義隆勢は敵中に打って出て次つぎにたおれた。最後に冷泉隆豊が経蔵に入って割腹、 はらわたを投げつける悲憤の最後を遂げたという。九月一日のことである。 義隆の子、義尊(よしたか)らは異雪和尚の誘導で俵山に逃れたが助からなかった。 四年後、義隆の辞世のとおり、 陶晴賢も厳島(いつくしま)(広島)で毛利元就(もとなり)に敗れ自害する。
 当寺裏山(遊仙窟)に義隆主従の墓がある。宝篋印塔(ほうきょういんとう)の墓石のそばに、明治二十一年(1888)、毛利元徳(もとのり)がそれぞれ名を刻んで建てた三十三基の墓標がある。墓標だけで墓石のないものもある。
 また、義尊や三条公頼(きんより)(武田信玄の義父)ら、当寺の近くで難に遭った人の墓もここにある。
墓所は昭和四十二年、山口県指定の史跡となった。