HOME境内マップ>三条公頼墓所
大寧護国禅寺 三条公頼墓所

三条公頼墓所

 公頼は、京都の公卿(くぎょう)でかつての左大臣。父の実香(さねか)は、太政(だじょう)大臣であった。 大内時代の深川庄は、三条家の領地でもあった。湯本温泉の台地に、住吉社と並んで興阿寺(こうあじ)(大寧寺抱え)がある。 この寺は三条実香の創建である。 このころ、甲斐(山梨県)で勢力をのばしてきた武田晴信(信玄)の正室「三条の方(かた)」は公頼の娘である。天文(てんぶん)五年(1536)、武田家に嫁いだ。
 ところで、天文二十年(1551)、太守、大内義隆は、家臣の陶隆房(すえたかふさ)(のち晴賢(はるかた)に山口を追われ、九月一日、当寺で自刃する。 たまたま義隆に招かれて山口にいた公頼は、この事件にまきこまれてしまう。山口を逃れた義隆を追って深川にむかった公頼は、途中暴徒に襲われ、八月二十九日、無残な最期をとげる。その場所は明らかでない。
 この因縁から公頼は、義隆主従らとともに、当寺に眠ることになる。湯本、荒川忠次さんの家に「先祖、上田河内守が、武田信玄の家臣」という記録がある。主君・信玄の義父である公頼の供養のため、 河内守はこの地に来たものとも考えられている。