大寧護国禅寺

正當六百回 大遠忌法要大寧寺御開山 石 屋 真 梁せきおくしんりょう 禅師

大遠忌 令和五年五月十日、十一日
石屋真梁禅師
石屋真梁禅師

大遠忌法要 令和五年五月十一日

地域の護国の寺として建立された当山は、間もなく御開山六百回大遠忌の時を迎えようとしています。
仏教寺院では一般にその寺院の初代住職を「御開山さま」と敬称して特別な思いを込めて尊崇する習わしですが、 大寧寺の御開山さまは石屋真梁せきおくしんりょう禅師と申され、1345年、鹿児島県の伊集院において生を享けられ、 応永30(1423)年5月11日、兵庫県の丹波の永沢ようたく寺で七九歳の生涯を閉じられた当時曹洞宗きっての高僧です。 その間、長門北浦の深川城において覇を唱えていた大内氏の支族鷲頭わしのうず弘忠卿の嘱をうけて大寧寺の開創に尽力され、その後、禅師の弟子たちによって大寧寺は一大発展をとげることになったのです。
よって、禅師没後六百年の大遠忌正当の年が来る令和5(2023)年の初夏に訪れます。
先年皆様のご支援を得て大寧寺開創六〇〇年記念法要(2010年)という大事業を無事円成することができましたので、大寧寺の伽藍や境内は今しっかり整備されておりこの度は大きな作業を企画する必要はないものと考えておりますが、 若干の環境整備と悪疫退散の決意を示す報恩法要を厳修して護国の寺の真心を広く世にしろ示す決意でございます。
前日(5月10日)、稚児行列等の行事を予定しておりますので、是非ご参加をお願いします。